【小松菜チラシ寿司】

■皆さん、大~~~変、お待たせいたしました。

皆さんとお約束したように、タイ食材を利用した日本料理を次々とご紹介する
ためには、私自身がモチベーションを上げていく必要があります。
”食べれる料理”ではなく”誰もが食べた~いと喜んでくれる料理”作りを
目指して頑張る所存です!!(力が入り過ぎて言葉が硬いでしょ(笑))

今日は小松菜を浅漬けにしたチラシ寿司をご紹介!!
もちろん浅漬けした小松菜はお漬物としても美味しくいただけますので、
さらさらっと、お茶漬けもなかなかのもんです。(ヨダレが・・・)

■タイの小松菜は一言、『デカイ!!』。見ても小松菜ってわかんない人もいるのでは?!
英語名では『Japanese Mustard Spinach』、タイ語では『パック クアントゥン』と呼ばれています。
勘のよい方は、もうお気づきでしょうか?小松菜は”ほうれん草”の仲間のようですね。

■《小松菜の栄養素》

 小松菜の栄養素って、これは食べずにいれないほど、凄いのです!!

 小松菜は栄養価の高い緑黄色野菜で、カルシウム・ビタミンA・鉄・カリウム・食物繊維などを多く含んでいます。 小松菜は、ほうれん草と栄養価が似ており、比べてみると鉄分はやや少ないものの、カルシウムは5倍で、野菜の中ではトップクラスであります。

 カルシウムが不足しがちな熟年の方や妊婦、成長期のお子さんに積極的に食べてほしい野菜です。
また小松菜は、貧血の予防効果がある鉄、動脈硬化やがんなど成人病を予防するといわれるβ-カロチン(ビタミンA)、風邪を予防し、美容に効果的な働きをするビタミンCを豊富に含んでいます。 さらに小松菜には食物繊維も多く、便秘を改善、血糖値の上昇を抑え、大腸がん・糖尿病の予防に効果的です。

■これほど、身体に良いこと尽くめのお野菜、もう摂らない訳にはいきません。(気持ちが昂ぶってきました!!)
どうせ、食べるならおいしく食べましょう!!

■前置きがかなり長くなりましたが、作り方に入ります。

【小松菜チラシ寿司作り方】

1、買ってきた小松菜を洗います。時間のある方は、ちょっと外に干してみましょう。より、美味しくいただけます!!

〈私、お恥かしい話ですが、干すと良いというのは知っていても、どういった効用があるのかわかりません。誰かご存知の方、教えてください!!〉

2、小松菜にたっぷり塩をします。そして、重しをし、2、3時間すると水分が出てきます。これをさっと、水洗いし、絞って水気を取ってください。(しょっぱさを確認しながら水洗いすると失敗がないですね)

ポイント:長時間放置すると常夏の国タイでは臭くなってしまいますので、漬ける時間は短時間で!!

f0031219_176836.jpg


3、出来た小松菜浅漬けを1cm弱に切ります。

4、これを作った寿司米に混ぜ合わせますが、他にもおじゃこ、すり鉢で適度に潰したピーナツやカシュナッツも混ぜると香ばしくなります。甘く煮た高野豆腐や椎茸を入れるとさらに美味しくなりますよね。しかし、今回、私は入れませんでした。が、結構美味しく出来ましたよ!!(子供たちがめっちゃ美味しいと沢山食べてくれました ヤッタ!!)

ポイント:タイの市場やスーパーで売られているおじゃこは塩辛く、少し臭いので、洗います。臭みが抜けたことを確認してから使用してください。(水分をきちんと除きたい場合は電子レンジで”チン”)

5、最後に金糸卵、のりをかけてできあがり!!

f0031219_1775511.jpg

[PR]
by tanoshimi-thai | 2005-11-23 16:50 | タイ食材で日本料理
<< 【シラチャ・パタヤでチビ付きお... 【タイ株】 >>